iPhone6ケースの他と違う特長

iPhone6は他のスマートフォンと異なり、ケースの種類が豊富なのが特長です。人が服装や髪型を自由に変えられるように、iPhone6も様々な見た目にイメージチェンジさせることができるのです。しかしiPhone6ケースはあまりにも種類が多いため、購入当初はどれを選べばいいのか悩んでしまうことでしょう。iPhone6は高級品であり、当然ながら長く使い続けていくものです。やはりiPhone6ケースも長期間使用できる商品を選択したいものです。他のスマートフォンケースにはない、iPhone6ケースだけが持つ特徴やメリットを知っておくことで、周囲のスマートフォン利用者に差を付けることができますし、より快適なiPhone6ライフが送れるはずです。

iPhone6ケースの種類は大まかに分けて2つ

デザインや機能性など、メーカーによっても様々な特長のあるiPhone6ケースですが、大まかに2種類に分けることができます。一つはとにかくiPhone6を守りたいという人向けのハードケース、そしてもう一つは保護能力よりも使いやすさを求める人向けのソフトケースです。まずハードケースは表面が平になっており、デザインも豊富です。ツヤ出し加工やマット素材など、表面の触り心地の種類も多いので自分好みのフィット感を選べます。一方でツルツルとした表面なので、滑りやすいというデメリットもあります。ソフトケースはシリコンで出来ているので脱着が容易で、なおかつ衝撃に対しての耐性が高いのも特長です。造形が比較的自由にできる利点があるので、立体的で独特なデザインが多いです。ただシリコンなので長時間連続して使用すると表面がベタついてきたり、ポケットから取り出す時にスムーズにいかないというデメリットがあります。

周囲に差をつけるiPhone6ケースとは?

iPhone6ケースには他では見られない、ユニークな商品も数多く存在します。中でも人気なのが手帳型のケースです。文字通り横に開くカバーが付属しており、手帳を使っているような感覚でiPhone6を利用することができます。また、側面や背面以外に前面も覆うことが可能となっているので、大事な液晶画面を保護することもできます。デザインもおしゃれなものが多く、社会人が使っても違和感のないiPhone6ケースと言えるでしょう。最近では防水機能を搭載したスマートフォンも登場していますが、iPhone6には備わっていません。しかし防水加工が施されたiPhone6ケースを使えば、たちまちiPhone6に防水機能が加わります。さらにiPhone6ケースでは防水機能に加えて防塵、耐荷重、耐落下といった性能を兼ね備えている場合が多いため、これ一つで最強のiPhone6にグレードアップさせることも可能なのです。